Erin Brockovich (エリン・ブロコビッチ)

今週の映画で英語は「Erin Brockovich」です。環境共生学部や総合管理学部の学生も必見の社会派ストーリーになっています。…….


【あらすじ】
An unemployed single mother becomes a legal assistant and almost single-handedly brings down a California power company accused of polluting a city’s water supply. (無職のシングルマザーであるエリンブロコビッチは法律事務所のアシスタントの職をなかば強引に得る。その後、ほぼ一人で水質汚染の原因を追及し、カリフォルニアの電力会社を訴訟し、勝訴する。) -IMbdより引用

このErin Brockovichは実在の人物です。カリフォルニア州の大手企業PG&Eを相手取って訴訟を起こし、3 億 3300 万ドルの和解金を勝ち取ったあとも、法律事務所に勤め続けています。ただし、肩書きは単なるアシスタントではなく、”Director of Research” になっています。また、彼女は自身の話をユニバーサルスタジオにうって10万ドルを得たとか。かなりのやり手ですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s