映画紹介『ターミナル』

今回は映画『ターミナル』をご紹介します。

2004年に公開された本作。トム・ハンクス主演、スティーブン・スピルバーグ監督ということもあり、結構有名な映画ですかね。

「ニューヨークJFK国際空港に降り立った東欧のクラコウジア人、ビクター・ナボルスキー。彼の祖国はクーデターによって事実上消滅し、パスポートも無効になってしまったため、帰国することも、アメリカに入国することも禁止されてしまう。行き場を失い、宛のない空港ターミナルでの生活を始めるが、彼はかけがえのない、果たすべきひとつの約束を抱えていた。」(DVD紹介文より)

言葉も通じない国の空港で足止めをくらってしまうビクターですが、空港内の本屋さんで見つけた自国の言葉の本と、英語の本を見比べて英語を習得するのです!彼の場合は少々特殊ですが、思い切って英語を話すしかない環境に身を投じてみるのも悪くないのかもしれませんね。彼の一生懸命な姿が周りの人たちに受け入れられていく様子も、観ていて心が温かくなります。ちょっとほっこりしたい時にはオススメの映画ですよ。

他にもLLCには、たくさんの映画があります!是非一度来室してみてください。

terminal

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s