映画Carrieを見ました

毎日暑い日が続いていますね。皆さん体調など崩されていませんか?

こんな暑い日には、ヒヤッとするような映画を紹介したいなと思い、苦手なホラー映画に挑戦しました!

-映画「キャリー」あらすじ-

狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎外されている女子高生キャリー。彼女は、激しい興奮状態に陥るとある能力を使うことができるテレキネシスだった。それを誰にも打ち明けることなく、キャリーはつらく寂しい日々を送っていた。そんな中、ひょんなことから彼女は女生徒たちの憧れの的であるトミーとプロムパーティーに参加することに。喜びに浸るキャリーだが、その裏では彼女への残酷ないたずらが計画されていた。キンバリー・ピアース監督。聖書の次に多くの人に読まれた小説家ともいわれるスティーヴン・キングのデビュー小説を1976年のブライアン・デ・パルマ監督版に続く2度目の劇場映画化。(DVD紹介文より)

————–

こちらの作品、怖くてひやひやするホラー映画というより、切なく悲しい物語でした。

キャリー役をクロエ・グレース・モレッツ、母役をジュリアン・ムーアが演じているのですが、宗教に熱狂する余り歪んだ愛情を持っった母親がとても恐ろしく、一度見たら忘れられないくらい強烈なキャラクターでした。

そんな母親と向き合いたいと必死にもがくキャリーの心情がとても切なかったです。

怖いのは苦手だけどホラー映画が見たいという方にもお勧めです。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s